上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

美人川伝説

Category: 未分類  

 ここ青森市浪岡(旧浪岡町)は、中世とりんごの街。
当駅から車で5分の所に美人川公園があります。
平安時代の終わりごろ京都の近衛関白に大変器量の悪い福姫と言う娘が居て、なかなかお興入れが出来ないと言う事で両親は心配して娘の良縁を願って清水観音へ願掛けに行ったところ津軽の外ケ浜で炭焼きをしている藤太のところへ嫁ぎなさいとのお告げに福姫は一人津軽へ旅立ち、身なりを整え、傍らの川の流れで顔を洗い、そこで拾った杉の葉を楊枝にしてお歯黒をつけようと、鏡を覗き込んだら世にも美しい娘に変じ、やがて出会った藤太と言う炭焼きと結ばれた。藤原一族の流れを引く高貴な名門の出であった藤太は外ケ浜に落ち延びて炭焼きに身をひそめていたのでした。
 二人はやがて津軽地域の豪族となりました。
この伝説にちなみ、姫が顔を洗った川は「美人川」と呼ばれるようになり、又、お歯黒をつけた楊枝の葉はいつしか根づいて今では巨大な杉の大木に成長し、「楊枝杉」と呼ばれるようになりました。
・棒convert_20090831092801
美人川公園中央に流れる美人川
・農convert_20090831093020
「楊枝杉」
鄒惹ココ蟾晢シ撰シ呻シ論convert_20090831092504
美人川公園正面

スポンサーサイト
 2009_08_31



07  « 2009_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

aphill

Author:aphill
道の駅『なみおか」アップルヒル

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。